特集

コダック ロケーションフリーCTPを実演

2019.2.1

 

コダックブース

コダックジャパンは「Smart Innovation!」をテーマに、page2019でUV印刷対応完全無処理CTPプレート『KODAK SONORA CX』など最新ソリューションを紹介する。
『SONORA CX』は、日本全国47都道府県で450社を超える導入実績を持つ。視認性、耐刷性、耐キズ性、印刷適性、機上現像性能に高い評価を得ている。視認性は従来比1.5倍向上し、油性枚葉印刷、省電力UV印刷では10万枚、オフ輪で50万枚を超える耐刷実績を有している。実演では、スマートフォンやタブレット端末から、時間、場所、人を選ばずにCTPの出力と管理が可能な『KODAK Mobile CTP Control App』を用いる。現像機不要、省スペースに加えて時間、場所、人を選ばずに使える「ロケーションフリーCTP」を提案する。
このほか、世界で6万ライセンス以上の導入実績を誇るワークフローシステム『KODAK PRINERGY Platform』の最新バージョン8.3を実演。BCP対策や業務の可視化に有効なPRINERGY CloudソリューションのAI機能を駆使したオートギャンギングや、データストレージサービスを紹介するほか、アナリティクスサービスのツールとして新たにリリースされた「Ink&Plate Usage」を解説。データやファイルごとにインクや資材のコストを試算する機能などを提案する。パッケージ印刷向けのデータ編集ツールPRINERGY Toolsも出展する。