特集

ナビタスソリューションズ 多種多様な検査ニーズに応える

2019.2.1

ナビタスソリューションズ㈱はpage2019で、様々な検査ニーズに合わせた検査装置を展示する。
ブースでは、大判検版システム「NaviScan―LNC」、校正・刷出し検版システムの「NaviScan―A3」「NaviScan―A1」「NaviScan―F」、ブランクス検査装置「KNB―350」、横軸ロール検査装置「SNR」、卓上型ロールラベル検査装置「NaviLab―Lite」を紹介する。
「NaviScan―A3」はスキャナ使用で簡単・高速カラー刷り出し検版を可能にする。多品種少量生産のラベル、シート、カードの刷出し検査に最適で、スキャン画像同士の比較、データと画像の比較、データ同士の比較ができる。多面印刷時、1面の良品マスタを設定するだけで全ピースを自動検査する。
操作パネルNEO(NVS Easy Operation)は誰でも簡単に検査設定が可能。A3カラーシート全面に対し、検査設定から処理まで30秒~1分で完了する。欠け、ピンホール、突起、にじみ、かすれ、異物、汚れ、色むら等を検出。位置ズレ計測、印刷位置、見当ズレ、ラベル位置、傾きずれも計測する。固定印字品質検査と可変印字のOCR(文字認識)、連番確認、バーコード、2Dコードなどの可変情報印字の読取りと照合、品質検査からバーコード検証(グレード判定)まで可能にする。