特集

新星コーポレィション 2.5Dの新表現を提案

2019.2.1

新星コーポレィションはpage2019で、1枚のシートからイメージ通りの素材感を造形するCASIO2.5Dプリントシステム『Mofrel』を出展し、新しいグラフィック表現による高付加価値を提案する。

mofrel

『Mofrel』は、今までのプリンタの概念を大きく覆す新しいプリンターソリューション。木、布、石などの素材が持つ精細な凹凸・色合いや、ステッチ、エンボスなど加工による形状も、1枚のシート上へスピーディに表現する。サンプル制作などにおける金型レスを実現し、時間とコスト両面からの効率化を可能にする上、より自由なイメージの具現化が、作り手の豊かな発想まで支援する。多彩かつ繊細な表現力、デザインの高い自由度、そして・プリントアウトで作る・という革新的な利便性が試作品やサンプル品などを中心とした製作の現場で幅広く活躍している。カシオ計算機㈱独自開発の「電磁波造形技術」により、細やかなバンプ(凹凸)の形成・制御を可能にしている。
作成は、Photoshopのプラグイン「モフレルユーティリティ」を使用。「モフレルサーフェイサー」でバンプデータを作成し、「モフレルビューワー」で画面上での仕上がりを確認。「モフレルオプティマイザー」で正常なバンプが生成できるよう最適なデータをプリンタへ送る。プリンタ側の操作も簡単にできる。プリンタ上面のタッチ操作パネルで、ジョブを選択し、画面の指示通りに専用のデジタルシートにプリント作業を進めるだけで2.5Dプリントが作成できる。
会場では実際のプリントサンプルを展示。写真の一部を立体化し、質感を表現したアート作品を見ることができる。
このほかpageではグラフテックのCE6000―ASFを出展。オンデマンドでの小ロットのラベル生産、POPの作成等に最適なオートシートフィーダーカッター。連続搬送・カットに対応、ハーフカットに加え破線カット(切り抜き)に対応。メディアはA3ノビまで、セット可能なメディアが積載高さ35㎜または最大200枚となっている。84万8000円(本体・税別)でワンストップサービスが可能になる。
また、会場ではインクジェットプリンタやレーザープリンタ用の様々なメディアも紹介する。